グッズ・アイテム ママ:ひーちゃん

セカンドベビーカーは必要?A型、B型、AB型の違いとは?


セカンドベビーカー

先月、10ヶ月のえりちゃんのためにセカンドベビーカーを購入しました。

購入の際、とても悩みました…。

今日はそのセカンドベビーカーについて書きたいと思います。

 

ベビーカーの種類

ベビーカーの種類は大きく分けてA型、B型、AB型(新基準A型)の3つに分類されます。

 

A型ベビーカー

対象月齢は1か月~で、両対面式。

振動を抑える衝撃吸収構造が付いているものが多く、安定性の高いベビーカーです。

その分重量もあり、値段も高めなものが多いです。

しかしほぼフラットな角度までリクライニングができ、

月例の低い赤ちゃんでも安全にベビーカーに乗せることができます。

 

B型ベビーカー

対象月齢は7か月~で、背面のみ、

リクライニングが浅いかもしくは着座のみで、コンパクトに折りたためるものが多く、

なおかつ軽量で、比較的安価なベビーカーです。

腰が座り、しっかりお座りができるようになった赤ちゃんが対象になっています。

 

AB型ベビーカー

A型とB型の要素を兼ね備えたベビーカーです。

対象月齢は1か月~で両対面式、値段はそこまで安いわけではないですが

軽いものやコンパクトにたためるものも多く出ているので、

このベビーカーを選ぶ人が大多数だと思います。

 

セカンドベビーカーの検討と購入

1台目のベビーカーとして持っていたのが、コンビのAB型ベビーカー。

知り合いからおさがりをもらったのですがちょっと型が古く、

車輪が痛んでいるせいかなかなかスムーズに動かないことも多くありました。

おさがりなので文句は言えませんけどね。(笑)

 

首が座る前までは特に難なくそのベビーカーを使っていたのですが、

お座りができるようになり、活発に動くようになってくると

小回りのきかなさと重さが気になり、しっかりした作りを持て余すようになってきたので、

セカンドベビーカーの購入を検討するようになりました。

 

そこまでベビーカーを使っていたわけではないし(抱っこ紐が多かった)、

持っているAB型のベビーカーでも3歳くらいまでは乗れるし、

でもやっぱり重いしなあ、うーん、うーん、うーん…

 

と悩みに悩んで、

やっぱり実家に帰るときや電車を使っての遠出の際には必要だったので購入を決意し、

実際にいろいろな種類のベビーカーを見るために店頭に足を運びました。

 

そして購入したのがアップリカの軽量ベビーカー マジカルエアー AD

これよりもコンパクトで簡易な作りなものもあったのですが、

軽量かつ前にバーがついているのと、荷物かごがある&大きいのが決め手となりました。

(よく動くので前にバーがないと不安…)

 

2015年バージョンはネットで少し安く売られていたのですが、

今年の4月に発売されたこの2016年バージョンは荷物かごの容量がさらにアップしたようで

抱っこ紐を常備しているうちにとってはかごは大きい方が良く、こちらに決定しました。

★詳しい製品情報はこちらのサイトまで。

 

ちなみに…

そのベビーカーに乗ったえりちゃんの様子です↓↓

セカンドベビーカー

お座りが出来るようになった頃から肩ベルトを嫌がりだし(半年頃かな?)

腰のベルトだけした状態だとこんな感じで前のめりになっています。

 

まとめ

うちと同じようにお下がりなどでベビーカーをもらっている場合や

ベビーカーの使用頻度が高い家庭の場合は

セカンドベビーカーを購入しても元は取れるんじゃないかと思います。

 

ですが1台目に軽量のAB型ベビーカーを購入していれば

あんまり必要性は感じないかもしれません。

 

また、うちは車がなく主な移動手段が電車なので

「やっぱりベビーカーは必要だ」という結論に達しましたが、

車を持っている家庭であれば今はスーパーやショッピングモールなどには

必ずと言っていいほど施設用ベビーカーが置いてあるので、

ベビーカーの出番はあまりないかもしれませんね。

 


 

こちらも合わせてお読みください。

▶10ヶ月、甚平を着て夏祭りに行ってきました。

▶10ヶ月・11ヶ月での成長、手押し車を買いました

▶11ヶ月、お昼寝の回数と時間

 

 

 

スポンサーリンク

↓↓↓ランキング参加しています。応援よろしくお願いします! にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 育児日記 ブログランキングへ


-グッズ・アイテム, ママ:ひーちゃん