ママ:ひーちゃん 妊娠・出産

妊娠〜出産まで *妊娠編③* 予定日当日


◀*妊娠編②*へ戻る

妊婦

▶妊娠〜出産まで *妊娠編①* 初期・中期・後期
▶妊娠〜出産まで *妊娠編②* 妊娠中の運動
▶妊娠〜出産まで *妊娠編③* 予定日当日 ←現在のページ
▶妊娠〜出産まで *出産編* 予定外の立ち会い

予定日当日

迎えた予定日の朝。

仕事に行く旦那をいつも通り見送ったあと

トイレに行くとおしるしがあり、病院に電話をしました。

 

陣痛や破水はあるかと聞かれ、ないと答えると、

「近いうちに産まれるかもしれないから入院の準備を確認して、

陣痛が来たらまた電話してください。」と言われました。

 

入院準備を確認し、いつもと変わらずに過ごしていると、

お昼頃から少しずつお腹が痛くなってきました。

軽い生理痛のような痛みで、これが前駆陣痛ってやつか?と思い

お昼過ぎにもう1度病院に電話。

 

すると、

「今日中に入院になるかもしれないから、お昼ご飯を食べてお風呂に入って、

陣痛の間隔が一定になってきたらまた連絡ください。」と言われました。

 

前々からダウンロードしていたアプリの出番だ!と、早速起動。

ちなみに、“陣痛きたかも”というアプリです。

 

計り始めると、15分だったり10分だったりバラバラ。

こんなもんなのかな〜と思ってテレビを見ながら続けていると

少しずつ痛みが強くなってきました。

間隔も、バラバラながら10分だったり7分になったり縮まっているような…。

 

夕方頃、また病院に電話しました。

耐えられる痛みですか?と聞かれ、少し困惑。(笑)

耐えられるっちゃ耐えられるし、耐えられない痛みってどんなの…

と思いながら、まだ耐えられます、と回答すると

「陣痛の間隔が短くなって一定になってきたらまた連絡ください。」とのこと。

 

仕事中の旦那にはおしるしがあってから逐一連絡していて、

今日中に入院かも、と言うと、早めに帰ると返事がありました。

その後も陣痛の間隔を計り続けていると、まだ一定にはならないものの

8分、5分、7分、3分と5分を切ることも。

お腹も大分痛みが強くなってきて、どんどん耐えるのが辛くなってきました。

 

痛みに耐えていると、旦那から今から帰ると連絡が。

そのタイミングで、病院にも電話をしました。

間隔を聞かれ、一定ではないが短いときもあると伝えると、

「では夜ご飯を食べられそうなら食べて、入院の荷物を持って来てください。

状態によっては帰ってもらうことになるかもしれません。」と言われました。

 

逐一報告は近くに住んでいる親友にもしていて、そのことを伝えると、

ご飯を作って持って来てくれるとのこと。

すごく助かりました。

 

荷物を玄関に置き、産褥下着に履き替え、少しして2人が到着。

旦那と親友の持って来てくれたご飯を食べ、

親友に感謝を伝え、タクシーをつかまえいざ病院へ。

 

タクシーの中でも陣痛は容赦なくやってきます。

痛みに耐えながら、やっと病院に着きました。

(といっても車で10分足らずの距離ですが…)

 

▶*出産編*へ続く

 


 

こちらも合わせてお読みください。

▶嫁の妊娠・出産

▶子どもが産まれてまず父親がすること

▶本当に?妊娠9ヶ月目に旦那が友人と旅行。それってどうなの?

 

 

 

スポンサーリンク

↓↓↓ランキング参加しています。応援よろしくお願いします! にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 育児日記 ブログランキングへ


-ママ:ひーちゃん, 妊娠・出産