1歳 ママ:ひーちゃん 成長記録 日常

1歳5ヶ月、やっと「ママ」が言えるようになりました!


1歳を過ぎてから話せる言葉が急激に増えたえりかちゃん。

初めて覚えた単語は「おっぱ(おっぱい)」で

「くっく(靴)」や「あし(足)」など言える単語が増える一方で

ま行が苦手らしくママもまんまもなかなか言わず

このまま言わずに成長するのかな…?と若干不安に思っていたのですが

先日、2月末かな?ようやく「ママ」が言えるようになりました!

 

…と言っても呼びかけの「ママ」ではなく

「これだあれ?」という問いに対して「ママ」と答えられるようになったという

少々あやしい感じなのですが。(笑)

 

「ママ」が言えるようになったと同時に

「うぉうぉ(桃)」「うぃうぃ(耳)」としか発音できなかった単語が

「もも」「みみ」とちゃんと言えるようになり、ま行が克服できたようです。

 

以前書いた記事で言える単語を並べたのですがそこからさらに増えたので

また書き出してみたいと思います。

<参考記事>
▶1歳~1歳3ヶ月、言葉の発達と意思の疎通

・けけこー(にわとり) ・がーが(あひる)
・くぁー(こあら) ・きーきーしゃ(きりんさん)
・しゃしゃ(しまうま) ・こーき(飛行機)
・いんじ(ニンジン) ・きゅうい(キュウリ)
・ぎぎ(おにぎり) ・あなな(バナナ)
・しゅしゅ(はみがき) ・おっち(おっちん)
・あしゃま(パジャマ) ・やしゅみ(おやすみ)
・しゃしょー(しまじろう)
・ぷーしゃ(プーさん) ・いっきー(ミッキー)
・あたま ・おしい(お尻) ・めめ(目) etc...

「しゅしゅ」は「はをみがきましょう」という歌を歌いながら歯磨きをしていたので

そこから覚えたみたいです。

 

体の部位の単語と場所も覚えて、

「あたまどこ?」「おてては?」「おしりは?」などと聞くと

「あたま」「おてて」「おしり」と言いながらその部位を手で押さえるようにもなりました。

 

おままごとで「おたま」を教えたことがあったのですが

「あたま」と思った?聞こえた?みたいで、それ以来「おたま」を持つと

持って頭を押さえながら「あたま」と言ってきます。

それがとても可愛いです。(笑)

 

たまに文のような発言もして(でもたぶん二語文ではない)

「おっちーしゅ〜(おっちんする)」「あっちーこ〜(あっち行こ)」など

意味の分かる文のような言葉も話してくれます。

(たぶん大人が言っている文を一語として覚えていそう)

 

「あんぱ」「ばいき」としか言えなかったのも

「あんぱんまん」「ばいきんまん」とフルで言えるようにもなって

どんどん言葉が発達していっています。

 

「ポイポイして~」と言うとおむつをちゃんと捨ててくれたり

「おせんたく持って行こう」と言うと洗濯物をカゴに入れてくれたり

教えたら何でもできるようになって

こんなに小っちゃいのにちゃんと理解できているんだなあとなんだか感心してしまいます。

 

ドアも開けられるようになって、いつか手を挟むんじゃないかと

感心するとともにいつもヒヤヒヤさせられます。

ベランダに閉め出された記事を書いている時にも思いましたが

子どもって大人の仕草をよく見ているんですね。

変なことはできないなあ…としみじみ思う毎日です。(笑)

 


 

こちらも合わせてお読みください。

▶1歳5ヶ月の娘にベランダへ閉め出された話

▶【DIY】すのこで手作りままごとキッチン

▶1歳2ヶ月、ついに卒乳。

 

 

 


-1歳, ママ:ひーちゃん, 成長記録, 日常