0歳 ママ:ひーちゃん 悩み・トラブル

11ヶ月、お昼寝の回数と時間


赤ちゃん睡眠

7~8ヶ月頃から生活リズムが少しずつ安定してきて

お昼寝はだいたい1日2回になっていました。

しかし最近その時間と回数に変化があったので

今日は最近のお昼寝事情についてまとめたいと思います。

 

お昼寝について

新生児のころは、1日のうちの70~80%が睡眠で占められているといわれます。初めのうちはお昼寝と目覚めを短いリズムで繰り返し、成長とともに起きている時間が増えていきます。

1日の半分を起きて過ごすのは、生後6ヶ月くらいから。1歳頃になると、お昼寝パターンができ上がります。午前と午後の1日2回くらいのお昼寝で済むようになり、夜にまとめてぐっすり眠るようになります。

<引用サイト> https://192abc.com/43183

 

我が家のお昼寝事情

お昼寝はリズムが出来てからずっと午前と午後に1回ずつ、

30分〜2時間くらいの間でさせていました。

 

起床時間は平均的に7時〜8時の間で、

朝の離乳食を食べ終わって少し遊んだら眠そうにするので

午前はだいたい10時〜11時くらいから長くて1時間ほど寝かせていました。

 

なかなか寝てくれない

しかし最近(10ヶ月後半〜11ヶ月くらい)

午前のお昼寝の寝かしつけがなかなか上手くいかず

泣いて叫んで暴れて、時間がかかることが増えてきました。

 

ここで寝かさないと機嫌が悪くなって

ぐずってお昼の離乳食を食べなくなるのは経験済みだったので、

30分かかってでも寝かしつけていたのですがそのせいで時間がずれてきて、

午後のお昼寝の時間にも影響するようになってきました。

 

午後はだいたい14時〜15時の間から寝かしつけていたのですが

午前のお昼寝がずれると午後のお昼寝の時間も遅くなり、

17時台に起きることも出てきました。

 

そうなると夜寝るのも遅くなり、

いつも20時には寝ていたのですがもちろん元気いっぱいで、

夜の寝かしつけまでも大変になってきました。

 

意外と1回で大丈夫かも

どうしたらいいものか…と悩んでいる頃、

ちょうどお出かけの予定がいくつか入っていて、

それがだいたい午前中からなので、お昼寝は諦めて出かけていました。

 

すると外出しているせいか案外機嫌も良く、

お昼の離乳食もしっかり食べてくれるではありませんか。

そしてその後寝かしつけてみると、意外にスッと夢の中へ。

 

何度かそのパターンがあり、

もしかしてお昼寝1回でいけるのかも…と思い

ここ1週間くらいお昼寝の回数を午後1回にして過ごしてみたところ、

お昼も夜も短時間の寝かしつけで寝てくれたのです!

しかも、両方時間が長い。

 

今までは30分で起きたりすることもあったのですが

今のところ短くても1時間半は寝てくれています。

 

夜もしっかり寝てくれるように

夜は、今までは寝付いてから夜3,4回は起きていたのに(そのうち1,2回は授乳)

自分たちが寝る12時頃までの間に1回起きるか起きないかという状態になり、

起きてもトントンするとすぐ寝ついてくれ、

授乳も夜の2時頃に1回だけで済むようになりました。

 

たまに朝早く起きてしまってお昼までに眠くなってしまっても

お昼寝を20〜30分で済ませれば

午後のお昼寝も夜の寝かしつけも問題なく寝てくれました。

 

まとめ

生後半年を過ぎたあたりからお昼寝の回数と時間を意識し出して

生活リズムが安定するようにと頑張ってきましたが

11ヶ月にもなると、自然と自分の中でも生活リズムが整ってくるのかな?

知らない間に結構成長していたんだなあ〜と感心してしまいました。

 


 

こちらも合わせてお読みください。

▶お昼寝を1回にしたら夜の授乳がなくなりました。

▶8ヶ月・9ヶ月での成長、後追いが激しくなりました

▶7ヶ月での成長、つかまり立ちとハイハイ

 

 

 

スポンサーリンク

↓↓↓ランキング参加しています。応援よろしくお願いします! にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 育児日記 ブログランキングへ


-0歳, ママ:ひーちゃん, 悩み・トラブル